美容整形なら美容整形WEB
美容整形特集 美容整形・体験者の声 美容整形・美容外科Q&A 美容整形・美容外科医院集 美容整形・美容外科用語集
美容整形WEB:美容整形医院:687医院。様々な雑誌に掲載されている美容整形の公共的ポータルサイト。
美容外科なら美容外科WEB・愛されて14周年♪

 
永久脱毛についての質問です。
レーザー脱毛は半永久で実際は時間がたつと生えてくる、とある形成外科で聞きました(手術前よりは薄くなるらしいですが) 。
レーザーでは根元(毛乳頭?)まで届かないので、毛が生えなくなる訳ではないと聞いたのですが本当でしょうか。
永久脱毛を考えているのですが、それならば電気針の脱毛のほうがよいのでしょうか?それともレーザー脱毛を続ければ永久脱毛ができるということでしょうか?
福岡県/24歳/女性/会社員/152cm/40Kg

医療機関で行われているレーザー脱毛は、開発されてからまだ3年程度しかたっておおらず、永久脱毛か否かについて学会での結論は出ていないのが現状です。従って、10年後、20年後に再発毛があるかどうかの確認はできていません。


しかし、当院では約1000人の患者さんへのレーザー脱毛治療をしており、何カ所もの脱毛をされるリピーターやエステの針脱毛経験者が数多いという点からも、患者さんの満足度は高いと判断しています。


確かにレーザー光線では、毛根(毛乳頭)が深くなっている時期の毛を一回で処理することは不可能ですが、時期を見計らって数回照射すると、毛周期の関係で順次浅い部分から脱毛が完了して行き、気にならない程度までになります。


ただ休止期にある毛は毛周期が成長初期に回ってきたときにさらに照射をしないと、生えてきますので、当クリニックでは4回目以降のレーザー照射はアフターケアの意味で処置料のみで何回来てもらっても良いように料金を設定しています。


電気針脱毛は20年の歴史があり、それなりのノウハウが確立した脱毛法です。しかし、痛み、施術中の毛の自己処理ができない、時間と期間がかかる、オペレーターの技量による差が出るなどいろいろな問題があるのも事実です。


レーザー脱毛が全ての点で針脱毛に優っているかどうかはわかりませんが、その問題点のほとんどの部分を補って、しかも患者さんの満足度も高い治療技術であるのは確かであるというのが、私の感想です。



(回答者:くろき・ひろクリニック 右田博文

毛根は毛根下部の毛母(毛乳頭の上部)により発育します。

脱毛のレーザー光は毛根のメラニン色素に吸収され、その熱エネルギーが毛根を損傷させることで脱毛ができます。

ですから、毛根に吸収されるエネルギーが大きいと(照射エネルギーが大きい、毛根が太いなど)永久脱毛となります。


しかし照射エネルギーをあまり大きくしすぎると、表皮のメラニン色素に吸収されるエネルギーも大きくなるため、表皮損傷の生じるおそれもあります(特に密集部)。
つまり、皮膚の色が白く、太くまばらな部位は永久脱毛になりやすいです。


また、抜毛部や休止期の毛母へは効果がないので、間隔をあけて3回以上の照射が必要となります。ただ、産毛として再発してきた部位にはレーザー脱毛は効果が小さいです。(針脱毛は有効です)


以上のことを理解した上で、まずレーザー脱毛を施術し、どうしても気になる産毛などを針脱毛すればよいと思います。



(回答者:青木医院 青木基夫

レーザー脱毛は、皮膚の表皮には反応せず毛根付近のメラニン色素に反応する特徴がありますので、レーザーで毛根を取り囲んでいるメラニン色素に照射(メラニンを破壊しない程度の強さ)します。この時期にメラニンが熱を放射し、毛根や皮脂腺を破壊して脱毛します。そのため、毛そのものが存在しない休止期に対しては、効果がないといえます。


電気脱毛(絶縁針)は10年以上の歴史があり、のべ回数は多くなりますが、最終的には永久脱毛が可能です。しかし、電気脱毛は痛みが強く、部位によっては色素沈着や瘢痕を残す例も多く見られます。


レーザー脱毛の効果について、米国での学会発表では、初回照射後の硬毛の再生率は40〜50%、2回目照射で10〜20%、3回目照射で数%と言われれています。米国のAEA(米国電気脱毛協会)の規定は、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である場合を永久脱毛と認める」とあり、その点ではロングパルスアレキサンドライトレーザーによる脱毛は永久脱毛といえるものです。


しかしながら、永久脱毛の意味が、治療終了後、何年経っても絶対に1本の毛も再生してこない状態を意味するのであれば、不可能であると考えます。


通常、半年〜1年以上、再生がない場合は、そのままほとんど再生しないと考えて良いかと思われます。しかし、全ての方がこのように行くわけではなく、かなり個人差があります。また、患者さん自身の満足度・期待度なども異なるために一概に言い切れません。



たとえ期間をおいて再生が見られた場合でも、短期間で済み、皮膚にダメージを与えないレーザー脱毛ですので、簡単に再度、照射を受けられます。安全性に関しては、米国サイノシュア製ロングパルスアレキサンドライトレーザーは、米国のFDA(日本の厚生省に相当)の厳しい条件をクリアしています。


また、どうしても取りきれない再生毛に対しては、絶縁針による電気脱毛を組み合わせてもよいかと思われます。レーザー脱毛だけでなく、絶縁針脱毛にも精通したクリニックを選ぶことが大切だと思われます。

(回答者:きぬがさクリニック 衣笠哲雄




 




美容外科選びは美容外科の謎に迫る美容外科WEB
美容外科なら美容外科WEB・愛されて10周年♪ 美容外科検索



| 美容整形なら美容整形WEBトップ | 美容整形とは |
| 美容整形特集| 美容整形特集 豊胸手術 | 美容整形特集 脂肪吸引 | 美容整形特集 フェイスリフト |
| 美容整形Q&A | 美容整形用語集 | 美容整形・美容外科医院集 | 美容整形体験者 | 美容整形体験者 良い | 美容整形体験者 悪い |
| 美容整形WEBキャンペーン | 美容整形サイトマップ | 美容整形パブリシティ |
美容整形Q&A → | 顔 小鼻縮小 | 二重 目頭切開 | 豊胸 陥没乳頭 | 脂肪吸引 | アンチエイジング・若返り | 婦人科 |
| わきが 多汗症 | 脱毛 | しみ あざ ほくろ | 審美歯科 | アフターフォロー | プチ整形 |


美容整形なら美容整形WEB
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!
(c)Copyright Pencil Co., Ltd. All rights reserved.