美容整形なら美容整形WEB
美容整形特集 美容整形・体験者の声 美容整形・美容外科Q&A 美容整形・美容外科医院集 美容整形・美容外科用語集
美容整形WEB:美容整形医院:687医院。様々な雑誌に掲載されている美容整形の公共的ポータルサイト。
美容外科なら美容外科WEB・愛されて14周年♪

 
私は豊胸しようと考えていて、脂肪注入法にしようと思っています。ですが、脂肪注入法は脂肪がほとんど吸収されるので意味がないとよく体験談で耳にします。何か最初の状態に戻ってしまうのでバックを入れる方法でやり直した、とも聞いたことがあります。皆さんが一石二鳥の脂肪注入法よりも、安全性や感触に不安のあるバック等の方を選ぶのもやはりそういうことがあるからでしょうか。
大金を払って手術して、しばらくは大きくても少し経つと小さく戻ってしまうのはやはり嫌なので、事実を知りたいです。お願いします!!
大阪府/17歳/女性/学生/162cm/52Kg

脂肪注入による方法とバッグによる方法を比較すると、どちらにも長所と短所があるため単純には比較できません。
効果の確実性を求めるならバッグのほうほうが優れていますし、上半身と下半身のアンバランスがあり、脂肪吸引を重視するなら脂肪注入法も選択肢の一つになります。
胸への脂肪注入の場合、すべて吸収されるわけではありません。個人差もありますが40−50%は定着するといわれています。
また、一度に多くの脂肪を入れすぎると血流の関係で、定着も吸収もされないものがしこり(石灰化)となってしまいますので、一度に入れられる脂肪の量には限りがあります。ですから、最終的には1カップ程度のサイズアップとなることが多いです。手術直後の大きさから小さくなると、元に戻ってしまったと感じる方が多いのは事実ですが、手術前の写真をお見せすると、大きくなっていることに納得される方が多いです。
2カップ以上のサイズアップを求める方や採取する脂肪が少ない方はバッグによる方法がよいでしょうし、脂肪吸引も同時にしたい方やバッグを入れることに抵抗がある方は脂肪注入による方法を選択するのが良いでしょう。
最近はバッグの素材もよくなり、最新のCMCバッグなどの最新素材であれば安全性、触感ともに良く、満足される方が多いですよ。
いずれにせよ、両方の長所、短所を理解したうえで、カウンセリングも参考にして、決めるのがいいと思います。

(回答者:聖心美容外科 名古屋院 院長/馬見知大)

豊胸の為に胸に入れた脂肪がどうなるかという質問ですが、事実は、無くなることもあるし、残る場合もあるという曖昧なものです。脂肪を移植した場合、これが残るか吸収されるかは移植された脂肪と胸の組織との接触面積に比例すると言われています。つまり大きな塊で同じ場所に脂肪を入れるよりも、少量に分散させて幾つかの層に移植する方が生着しやすいと言うことです。
しかしながら、少量に分散させて注入してもおよそ半分は吸収されてなくなると言われているのも事実です。従って問題は注入量になるのですが、一般的に日本人が豊胸手術を受ける場合、片方で150ccから300ccの増量を望む場合がほとんどです。パックの場合はそれにあった容量を挿入すればいいのですが、脂肪でこれを補うとなると、予定する量の2倍を注入する必要があります。その為、どうしてもトラブルを生じやすい手術になるかと思います。
具体的には移植した脂肪が無くなってしまうという事の他に、脂肪周囲の繊維化による硬結、脂肪のシスト化(脂肪が溶けた状態で液状のまま存在すること)などのトラブルが生じる可能性があります。ただし、臨床的には100cc前後の豊胸であれば、手技の工夫で十分な効果を得られることは分かっており、希望する内容と条件(やや太り気味な方で、分娩等で乳房のみ萎縮しているタイプ、あるいは下腹部に比較的脂肪があって豊胸の量が100ML前後である方等)によっては自然な豊胸が出来る場合もあると思います。脂肪注入での豊胸は以上のように幾つかの問題をもった方法なので、良く理解した上で手術を受けて下さい。

(回答者:百人町アルファクリニック 院長/与座聡

体験談に投稿したした人が「どのようなクリニックで、どのような手術を受けたのか」「手術前はどのような体型であったか」「どのくらいの経験がある医師が手術を行ったのか」など、詳しいことがわからないためなんともいえませんが、だからといって「脂肪移植」自体がすべて無駄ということではないと思います。単純に、経験の少ない美容外科医と豊富な脂肪移植経験のある医師が行った場合でも、結果は大きく違ってくるのは確かです。

脂肪移植の場合には、自分自身の脂肪細胞を使うため、どのくらい皮下脂肪があるのか、もともとのバストがどのくらいの大きさなのか、行う医師がどの程度の経験と技術があるかなどによっても、手術の結果は違ってくるため、確かにバッグのように1回の手術で希望通りの大きさにできると確約できるわけではありません。しかし、正しい方法で技術・経験のある医師が行えば、確実に効果があり、その効果が持続するということもまた事実なのです。

バッグ法でも脂肪移植法でもほかの手術でも同じだと思いますが、手術である以上100%ということはないと思いますし、完璧な結果を前もってお約束できるものではありません。
ただ、手術によってご自身の希望をかなえられた方も沢山いらっしゃいますし、脂肪移植から10年以上経ってもバストの大きさが保たれているということも私自身は確認していますので、脂肪移植の効果についても私自身は確信しています。

手術方法によってそれぞれのリスクは伴うと思いますし、一長一短があるという面もありますので、どうしても手術を受けたいのであれば、その可能性も理解したうえで自分にあった方法を自分で判断して美容外科手術を受けるようにしていただきたいと思います。そのためにも、本当に信頼できる医師を選ぶということが大切です。
もし、不安や疑問が多く迷っているのであれば、今は手術は安易に受けず、もう少しよく考えられたほうがよろしいでしょう。手術を受けてから後悔することのないように、十分カウンセリングを受けるなどして、納得できるまで考えてみるのも無駄ではないと思います。

(回答者:代官山美容外科 院長/周哲男




 




美容外科選びは美容外科の謎に迫る美容外科WEB
美容外科なら美容外科WEB・愛されて10周年♪ 美容外科検索



| 美容整形なら美容整形WEBトップ | 美容整形とは |
| 美容整形特集| 美容整形特集 豊胸手術 | 美容整形特集 脂肪吸引 | 美容整形特集 フェイスリフト |
| 美容整形Q&A | 美容整形用語集 | 美容整形・美容外科医院集 | 美容整形体験者 | 美容整形体験者 良い | 美容整形体験者 悪い |
| 美容整形WEBキャンペーン | 美容整形サイトマップ | 美容整形パブリシティ |
美容整形Q&A → | 顔 小鼻縮小 | 二重 目頭切開 | 豊胸 陥没乳頭 | 脂肪吸引 | アンチエイジング・若返り | 婦人科 |
| わきが 多汗症 | 脱毛 | しみ あざ ほくろ | 審美歯科 | アフターフォロー | プチ整形 |


美容整形なら美容整形WEB
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!
(c)Copyright Pencil Co., Ltd. All rights reserved.