美容整形なら美容整形WEB
美容整形特集 美容整形・体験者の声 美容整形・美容外科Q&A 美容整形・美容外科医院集 美容整形・美容外科用語集
美容整形WEB:美容整形医院:687医院。様々な雑誌に掲載されている美容整形の公共的ポータルサイト。
美容外科なら美容外科WEB・愛されて14周年♪

 
40歳台になり、眼の下が、年齢と共に若干たるんできており、現在、中顔面の若返りをはかりたいと思い、ハムラ法による手術か脂肪注入かを考えています。両方とも良い方法だと思いますので、逆にどちらにしようか決めかねています。この方法のメリットかデメリットの大きな違いがあれば教えていただければと存じます(個人的には、永い眼でみたデメリットや危険性が、やはり気になります)。わかりづらい相談で、申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
千葉県/43歳/男性/自営業/179cm/65Kg

やはり現在の状態をみて最善の方法をとるのがよいと思います。ハムラ法は脂肪移動で、脂肪注入は増量です。それぞれメリットデメリットがありますので、担当医に図示してもらって説明をうけないとわかりずらいと思います。一度専門医の診察をおすすめします。

(回答者:神田美容外科医院

ハムラ法の場合は、瞼のところを切開しますので、傷跡が最初のうちわかってしまうのがデメリットです。それに対して脂肪注入の場合は傷跡が全く残らないというのは、かなりのメリットといえます。ただし、脂肪注入の場合は手術後少しずつ脂肪が吸収されてきますので、その辺がデメリット。ハムラ法の場合には、脂肪が吸収されるということはありませんので、この点はメリットといえます。私でしたら、まず脂肪注入をお勧めします。それでも効果が足りない場合には次の手段としてハムラ法をすると思います。

(回答者:ドクタースパ・クリニック

たるみがあるなら皮膚切除を伴う手術が必要と思われます。ゴルゴ線と言われるところが目立てばハムラ法をしたほうがよいかもしれません。デメリットは目立ちにくいとはいえ傷が残る、眼瞼外反(あっかんべー状態)になるリスクがあるということです。皮膚のたるみがなく、ゴルゴ線が目立つなら脂肪注入でも改善されると思われます。デメリットは吸収される可能性、しこりとして触れる可能性、感染などがあり得ます。

(回答者:銀座コクリコ美容外科

40代になりますと、眼窩脂肪が顕著に前に出てきますので、まぶたの膨らんだ老人の印象に近くなってまいります。頬脂肪は萎縮し下垂しますので、膨らんだ袋の下が溝のように掘れてみえ、疲れた印象を呈します。また皮膚が薄くたるみやすい部位であり、あわせて下瞼は加齢を一番早く感じられる場所になります。ハムラ法は皮膚のタルミを取るとともに、脂肪を移動させ頬のとの間の溝を浅くし、下瞼のふくらみを改善する良い方法となります。頬へはハムラ法で移動させた脂肪でも足りない場合、脂肪注入を合わせて行うことで、より頬の張り、ボリューム感が得られ、若返り効果が大きくなります。脂肪注入の単独では若干改善効果が乏しく、中途半端になる可能性があると考えます。長い目で見た場合、ハムラ法をおすすめいたします。

(回答者:リッツ美容外科・東京院




 




美容外科選びは美容外科の謎に迫る美容外科WEB
美容外科なら美容外科WEB・愛されて10周年♪ 美容外科検索



| 美容整形なら美容整形WEBトップ | 美容整形とは |
| 美容整形特集| 美容整形特集 豊胸手術 | 美容整形特集 脂肪吸引 | 美容整形特集 フェイスリフト |
| 美容整形Q&A | 美容整形用語集 | 美容整形・美容外科医院集 | 美容整形体験者 | 美容整形体験者 良い | 美容整形体験者 悪い |
| 美容整形WEBキャンペーン | 美容整形サイトマップ | 美容整形パブリシティ |
美容整形Q&A → | 顔 小鼻縮小 | 二重 目頭切開 | 豊胸 陥没乳頭 | 脂肪吸引 | アンチエイジング・若返り | 婦人科 |
| わきが 多汗症 | 脱毛 | しみ あざ ほくろ | 審美歯科 | アフターフォロー | プチ整形 |


美容整形なら美容整形WEB
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!
(c)Copyright Pencil Co., Ltd. All rights reserved.